ホームテクノロジーライド・トゥ・ゼロ

RIDE TO ZERO

ライド・トゥ・ゼロ

ここから本文です。

RIDE TO ZERO

スポーツによる生活の質の大きな向上、肉体的・精神的健康や社会生活、
豊かな人生への可能性が、多くの学術研究の結果明らかになってきました。

さぁ、トレーニングを続けましょう。

RIDE TO ZERO(ライド・トゥ・ゼロ)という新しい基本的考え方から、ルディプロジェクトの全ての活動が生まれています。
スポーツというDNAを持つ私たちにとって気候変動は喫緊の課題です。環境保護こそが究極のゴールです。
スポーツを生き、その情熱を満たすための最低必要条件ですから。
RIDE TO ZEROの考え方をもとに、製品・設計・組織の環境負荷を最小にとどめる努力を行なっているのはこのためです。

スポーツアイウェアの原料に、植物由来でサステイナブルなリルサンを採用しました。

リルサンは、インド・グジャラート州で栽培されたトウゴマから抽出したヒマシ油が原料です。
実は、リルサンは新しく開発された素材ではありません。
アルケマ社が1955年から生産開始し、耐衝撃性、耐薬品性など優れた特徴を活かしてエンジニアリングプラスチックとしての地位を確立してきた、70年近い実績を持つ素材です。
環境意識の高まりで、植物由来で環境負荷が低いことも注目され始めました。
ルディプロジェクトは、マグナス、デルタビート、オーバーラップの新登場の3モデルのフレームをリルサンを使って製造します。
高機能なだけでなくサステイナブルな、新しいコンセプトのサングラスの誕生です。

耐久性の向上

使い捨てではなく製品をできる限り長く使っていただけるように、汗、水分、温度変化に強い先端素材を使用して製品の耐久性を高めることに取り組んでいます。

高い汎用性

製品そのものの性能の高さと、容易にレンズ交換できる機能により、スポーツや日常生活の様々な場面に1つのモデルで対応します。もう用途ごとにサングラスを購入する必要はありません。

長期間の製品保証

既に廃盤になった製品であっても、修理やリフレッシュによりできる限り長く使い続けていただけるよう、交換パーツのご用意など可能な限りサポートします。

環境に優しいパッケージ

パッケージも含めて全体でサステイナブルな製品を目指します。廃棄物の量を減らすため、パッケージの簡素化に取り組んできます。パッケージや製造の原料に、天然由来の原料、堆肥化できる原料、リサイクル原料を可能な限り採用します。

タイムレスなデザイン

ルディプロジェクトのヘルメットとサングラスは、ファッションのトレンドに左右されない時間を超越し、機能性とスタイルを兼ね備えたデザインです。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

    

3. すべての人に健康と福祉を

  • 健康的なライフスタイルを手に入れる重要なキーとなるスポーツを盛り上げ、年齢を問わず全ての人々の健康増進を目指します。
  •  製品の快適さ、安全性、エアロダイナミクスを追究し続け、アスリートのパフォーマンス向上をサポートします。
  •  未来にもアウトドアでスポーツを楽しみ続けられるよう、地球環境の保護に取り組みます。

7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

  • 太陽光発電により生み出された電力を利用します。
  • カーボンオフセットのため森林再生プロジェクトに出資します。
  • 全ての関係者の協力を得ながら廃棄物の減少に取り組みます。

8.働きがいも経済成長も

  • オープンで包括的なコミュニケーションをより活発にし、協力的で働きやすい職場環境を作ります。
  • 専門的なスキルを身に着けるためのトレーニングにより、従業員が能力を開花できるようサポートします。
  • サングラスのイタリア製造にこだわり、地元の経済成長に貢献します。
  • 従業員の社会福祉を向上を目指します。

9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

  • サステイナブルな製品を生み出すための技術革新に投資します。
  • 地元の人々の雇用を増やし、通勤による無駄を減らします。

12. つくる責任、つかう責任

  • 高品質な原料を使用し、長く使い続けることができる製品を作ります。
  • サングラスのフレームの原料として、植物由来のプラスチックを徐々に採り入れていきます。
  • 役目を終えた後、分解しやすくリサイクルしやすい製品を作ります。
  • サングラスのパッケージの製造に再生リサイクル原料を採用し、そのパッケージ自体もリサイクル可能にします。
  • 廃棄物とリサイクルできる物質の分別を可能な限り推進します。

このページの先頭へ